かずくん日記

脊髄性筋萎縮症(SMA)1型の息子との生活や療育の記録をつづっていこうと思います。

親なき後の検討

幼稚園のことやらで将来の不安がまた少し頭から離れなくなっています。

本人が成人して最終的に親がいなくなったあとは、できれば独立して在宅での生活を続けてもらいたいと思っています。いろいろ越えないといけない壁があると思いますが、その中の一つに収入をどうするかがあると思います。

まず考えられるのは、障害基礎年金。今の制度が仮に続くとすると、年額で974,125円、月額に換算すると81,177円の収入になるようです。これだけで生活するのはちょっと厳しい気がします・・。

いまうちはマンションですが、管理費や修繕積立金でそれなりに持ってかれちゃうので、この収入だとほぼ無理です。また、固定資産税もあります。仮に一戸建てに移ったとしても、固定資産税が重くのしかかってきますし、自分でメンテする必要があります。現実的な選択肢としては、公営住宅かなと思います。東京都の公営住宅であれば、障害者向けの家賃減免もあるそうです。また、住んでいる方に聞いたところ、(場所にもよると思いますが)バリアフリーがしっかり進んでいるそうです。

仮に公営住宅に移ったとしても、それでも障害基礎年金だけで生活していくのはかなり厳しいと思います。となると、あとは生活保護に頼ることになるのかなあ。もしくは、なんらか就労や収入の道を探るかですね。

収入以外にも、生活費の管理やら、いろいろな手続きをどうするかなど、考えないといけないことは盛りだくさんです。

実際に一人暮らししている方のお話をぜひ聞いてみたいですし、逆に一人暮らしをしている/しようとしている方々に、なんらかの形で力になれないかなあと思っていました。