かずくん日記

脊髄性筋萎縮症(SMA)1型の息子との生活や介護の記録をつづっていこうと思います。

USB接続版スイッチ・インターフェイス

Arduino Microを使って、USB接続のスイッチ・インターフェイスを作ってみました。主にパソコンでの利用を想定しています。

今回はUSB接続と言うことで、内蔵電池や電源ボタンは不要です。

例によってまずはブレッドボードを使って動作検証。ATMega32u4内蔵のプルアップ抵抗を使うことにしたため、抵抗も不要になり、いたってシンプルな回路になりました。

f:id:oganoken:20170722213708j:plain:w240

Hearty Ladderの設定画面を見ると、Windowsではゲームコントローラをスイッチとして使うようなので、Arduinoにはゲームコントローラのふりをしてもらうことにしました。ArduinoJoystickLibraryを使わせてもらい、ソースコードはこんな感じにしました。

ポインタを使えば構造化とかもっとちゃんとできそうですが、構文的にどこまでサポートされてるのかよく分からないので、まあこれで良しとします。

続いてハードの作製です。
テーパーリーマーでプラケースに穴を開け・・・
f:id:oganoken:20170722214529j:plain:w240


あっという間に完成!
f:id:oganoken:20170722214547j:plain:w240