読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずくん日記

脊髄性筋萎縮症(SMA)1型の息子との生活や介護の記録をつづっていこうと思います。

再生医療の話

NHKのニュースによると、iPSを使って脊髄損傷の機能回復を目指す臨床研究の話があるそうです。
www3.nhk.or.jp

どいう治療になるのかなと思っていろいろ検索してみたら、↓のサイトに詳しく載っていました。
academist-cf.com

このサイトによると、再生する細胞にはニューロンも含まれるそうです。SMAで影響を受ける神経細胞は下位運動ニューロンですが、下位運動ニューロンも再生の対象になってくるのかはよくわかりませんでした。スピンラザ(一般名ヌシネルセン)を初めとして、いま開発の進んでいる薬のほとんどは、正常なSMNタンパク質の量を増やすことにフォーカスしているはずです。ここからは素人考えですが、こういった薬で仮に正常なSMNタンパク質の量が増えたとしても、脱落してしまった下位運動ニューロンが再生できなければ、効果は期待できないんじゃないかと疑っています。そうなると、あとは再生医療しかないのかなあ、と思っていたところだったので、このニュースはけっこう気になりました。

再生医療は遠い未来の技術だと思っていたのですが、着実に研究が進んでいるんですね。今後は再生医療についてもアンテナを貼っておこうと思います。