読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずくん日記

脊髄性筋萎縮症(SMA)1型の息子との生活や介護の記録をつづっていこうと思います。

苦手な人工鼻

在宅生活

かずくんは、病院で在宅移行の準備をしている時から人工鼻が苦手です。当時は、支給される予定だったプラスチック製のカテーテルマウントだと、人工鼻を付けた時にどうしてもサチレーションが下がっちゃうので、院内で使っていたシリコン製のカテーテルマウントを支給するよう変更していただくことで、なんとか無事に在宅にこぎつけました。

f:id:oganoken:20170117220147j:plain:w240

この冬になって、人口鼻の苦手度がアップしたのか、それとも何か別の要因があるのか、外出時に泣き始めると、サチレーションが下がって戻らなくなる機会が増えてしまいました。今日は通院だったのですが、家に帰って玄関に着くなり突然泣き始め、あれよあれよという間にサチレーションが下がり、60%台まで落ちてしまいました。酸素を入れてすぐに持ち直して事無きを得ましたが、いまいち原因がつかめないため、なんとも不安です。

冬になると、人工鼻だと痰が固くなるという方もいるそうですが、かずくんの場合は痰が固くなっているわけではないように思います。人工鼻で息が苦しい→泣く→泣いて自発呼吸が乱れる→息がさらに苦しくなる、といったようなスパイラルに陥っているようにも見えます。困ったなあ。冬だと人工鼻のフィルターが結露して詰まりやすくなるとかあるのかなあ。